TWC概要outline

阿蘇テレワークセンターについて

阿蘇テレワークセンター ロゴ平成10年3月に地域情報の受発信基地として運用開始しました。

21世紀の街づくりを推進するために、教育・福祉・保健・産業振興等の情報基地整備を図る施設です。

阿蘇市は九州のほぼ中央にある「阿蘇くじゅう国立公園」内に位置し、世界最大級のカルデラといわれる活火山阿蘇山や草千里・大観峰をはじめとする牧歌的景観に囲まれたところで、やさしい自然を感じる町です。

TWC外観阿蘇テレワークセンターは、こんな阿蘇の景観や環境を享受しながら仕事ができる場所にあります。

(写真は本社です。事務所は阿蘇市小里の阿蘇草原保全活動センターとなります)

総事業費 1億4千万円
敷地面積 8,323m2
延べ面積 253.2m2(175m2
建築構造 木造二階建
事業名 (1)テレワークセンター「地域生活情報通信基盤高度化事業」
(2)情報機器「農村総合整備モデル事業」
沿革 平成9年3月31日 竣工
平成9年10月1日 試験運用
平成10年3月15日 本格運用開始
平成24年4月1日 阿蘇市地域振興公社から独立し一般財団法人 阿蘇テレワークセンター設立
平成27年5月2日 事務所移転

コメントは受け付けていません。